オンガクダイスキ。。ぽこカフェ

プロフィール

☆ぽこ☆
松本市を中心にアマチュアバンド活動、音楽作りをしています。
一人のためにいつでも。。どこでも。。
相棒まーくん&たーくんと一緒にうかがいます♪
3度の飯より。。歌が好き。。仲間も好き
どうぞお気軽に声をかけてくださいね。。

La Puente、結ま~る 所属。
デザイナー、テクニカルライター、大学非常勤講師、児童厚生員etc...

詳細 >>

プレイヤー

ライブ情報

ライブ情報はまだありません。
241件中   21 - 25 件表示 ( 全 49ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

秋近し。。

オリジナル表示

やっと涼しい風になってきましたね。

ほっとする午後です。

秋が近いしるしは。。空のいわし雲。。

不思議ですよね。。

あーんなに暑くても。。ちゃんと秋になるんだもの。笑

今年は。。ずっと夏のままかと思っちゃいますよね。

それでも。。まだ残暑は続くみたいです。

本当の夏バテはこれから。。気が抜けたときに出ますから。。

どうぞ。。ご自愛くださいね。

庭のコスモスがきれいです。

黒姫とか。。佐久のコスモス街道とか。。

行きたい~!!

でも。。行かれないから

庭のコスモスの道を歩いてます♪

皆さんも。。ステキな秋を見つけてくださいね。。


追伸
髪を切りました☆

2010-09-13 17:44:10投稿者 : ぽこ
この記事のURL コメント(0) nice!

カンボジア最終日☆

8月5日、最終日は夕方のフライトまで自由時間。

でも。。せっかくカンボジアに来たのだから。
アンコールワット遺跡群も見なくちゃ!!!
という現地スタッフの方に誘われて。。みんなでプチ観光♪

一日チケットは20ドル、
世界遺産を管理するために必要なのであります。
アンコールビールが2本で1ドルだから。。高価ではありますよね。
でも、ただで入ろうなんてする悪い人は。。
警察官に捕まって。。パトカーで連行されて。。高い罰金を払うんです。。!

各遺跡には、ちゃんとゲートがあって、写真入りの一日パスポートを
見せるんですよ
⇒この写真がインスタントでまた。。ぶさいく。。でも記念なのでとってあります(笑)

午前中は。。アンコールトム。
内戦で仏像が壊されたり、首だけなかったり、顔を削られているものがたくさんありました。

そして何よりビックリしたのが観光客の数!!
日本人の多いこと!!(笑)
いったいどこに泊ってるんだろ。。4日目にして初めて日本人観光客に会いました。
オリジナル表示
壮大な建築物を見上げて。。古き歴史を感じながら。。
カンボジアの長く悲しい戦火の歴史も学びながらの見学でした。

オリジナル表示

涼しげな顔ですが。。湿度70%ですから。。
かなり暑いです。。てか。。帽子忘れたのよ。。汗。。汗。


遺跡の中では民族楽器を演奏する地雷被害者の皆さん。
もとは兵隊さんなんですよね。
地雷除去などの募金を集めていました。
オリジナル表示

午前の部。。終了。。
有名な木の前です。
遺跡を侵食する大きな木は植えたのではなく。。
鳥が運んだもの。。自然の結果とのことでした。。
オリジナル表示

このあと。。はじめて街の中心部へ(ショッピングモールかな)
募金などでお世話になった皆さんにお土産を買いました。

絹製品や銀製品などが有名です。
スカーフやTシャツをゲット。。案内していただいたお店は収益が
子どもたちの施設に一部寄付されるということで。。たくさん買いましたよ☆

大通りは。。都会でした。
外資系の会社が入り、外国人観光客がたくさんいましたね。
町並みもとてもきれいで。。昨日まで活動していた地域とは全然違います。
でも一本裏道に入ると。。道なども整備されていない。。ゴミなども散らかっていました。

とても大きな格差が問題になっている。。という話。

確かに。。
ワットボー小学校では、キレイな制服に携帯カメラで写真を撮る子どもたちもいました。
でも。。遺跡群では。。収入を助けるために。。小さな子どもたちがお土産を
売る姿がたくさん目に入りました。
車の窓をたたき、ドアを開けるまで声をかけ続ける。。
貧富の差だけじゃなくて。。教育の格差。。子どもたちは平等に生きて学ぶ権利が
あるはずなのに。。やっぱり胸が痛くなりますね。


午後は一休みして。。アンコールワットへ。
トゥクトゥクに一度は乗るべき。。と言われながら。。
交通ルールのあまりない(笑)道を20分くらい乗せてもらいました。。
もうね。。。怖いよ。。ホント。
バスやトラックもすれすれで追い越すし。。一応。。右側通行なんだけど。。
あまり関係ないみたい。。汗。
オリジナル表示

アンコールワットはとても明るい遺跡でした。
寺院とお墓の違いかなぁ。。なんて思いつつ。。
雨期とは思えない空の青さ。。忘れられない国になりました。
オリジナル表示

オリジナル表示

ここでも。。2時間ほど散策。
暑いです。。午前中よりずっと。。しんどい感じ。。
でも。。見てよかったですね。

皆さんも機会があれば。。ぜひ。るアンコールワットは見に来てくださいね。

ホテルに戻り。。シャワーを浴びて。。荷物の整理。。
出発まで1時間くらいしかないので。。休憩もできなかったですね。
携帯電話とカメラ、パソコンの電源もここで充電。
ブログやmixi、メッセージもホテルのネットですませました。

ネットカフェに行くとかなり安いらしいのですが、
ホテルは3時間で5ドルでした。。
それでも。。音信不通になるよりも家族や友人たちに
安心感を届けられたみたいでよかったです。
ちなみに。。当時の1ドルは87円。。
5ドルが安いか高いかは。。それぞれの価値観の違いですけど。。
私的には。。適切だと思いました☆

空港には。。ワットボーの先生たちがお見送りに来てくれました。
子どもたちのお手紙や心のこもったお土産をいただき。。
別れを惜しむ瞬間。。でも。。再会を約束する瞬間でもあります。

千草先生とお別れのとき。。
抱き合いながら。。「一緒に連れてって」と言う言葉にドキッとしました。
たぶん冗談だったと思うんですが。。
子どもたちやカンボジアが大好きだけど。。
すごく苦労されているんだなぁって。。思った瞬間でした。

なかなか。。渡航することは難しいけれど。。
日本で会えると嬉しいなぁ。。と思いますね。
女子のみで記念撮影♪
オリジナル表示

帰りはプロペラ機ではありませんでしたが(笑)
雨のせいで。。大揺れ。。そして。。バンコクへの到着も遅れました。

バンコクでは。。空港にあるネットに向かい。。ローマ字でブログをアップする二人(笑)
オリジナル表示


見慣れた椰子の木、香り、文字。。
そんなものを思い浮かべながら。。
キレイな朝焼けに迎えられて。日本へ到着。
オリジナル表示

中部国際は。。。暑かった。。
いっきに夏バテモードでした。。(笑)



2010-09-07 00:38:59投稿者 : ぽこ
この記事のURL コメント(2) nice!

カンボジア3日目☆

カンボジアでの活動3日目。
実質的にボランティアとしては最終日になります。

前夜は。。皆さんで今回のツアーの意義やなど
熱く熱く。。アンコールビアを飲みながら語り明かしてしまいました。。

でも。。この日は早起き!!
なんたって。。わたしてきには一番責任重大な「カレー作り」が待っているのです。

日本で「カレー」は比較的庶民の食事♪
私も大好き!いろんなバージョンで作るのが趣味であります。
でも。。カンボジアでは「特別」なご馳走になるそうです。

カンボジアの食材を使ったカレー。。
いろいろネットで調べたり。。試作すること約一ヶ月半。

皆さんに試食いただきながら。。贅沢じゃなくて美味しいカレーを考えてみました。

食材探しに。。朝6時半におきて市場へ。。
眠い。。眠い。。疲れもかなりたまっていますが。。子どもたちの笑顔を思い浮かべると
不思議に頑張れるのであります!

市場は活気あふれてました。
オリジナル表示

いろんなものを売っています。
野菜はもちろん。。生きた鶏や肉、雑貨、貴金属etc
オリジナル表示

ここで。。パーティー用の食材と調理器具などを買いました。
子どもたちの施設には、包丁が1本、まな板1枚、なべ2つ。。
とても60人の調理をするには足りませんからね。
鍋、フライパン返し、ザル、洗い桶、包丁、ナイフ、まな板。。などなど。
それから、子どもたちの大好きなコーラや野菜サラダ用の食材、
薬味にする香草なども!

お昼から調理開始♪

カレーの具材は野菜のみ!
じゃがいも、にんじん、ピーマン、たまねぎ、なす、かぼちゃ
これをみんなで刻みます!
オリジナル表示

そして、大きな鍋でカレー粉と一緒にいためて、スープで煮ること2時間
オリジナル表示

調理場は外にあるかまど。
ご飯もここで炊くのです。

女の子たちは、ココナツを絞って、ココナツミルクを作ってくれました。
オリジナル表示

味付けは。。塩、砂糖、ナンプラーのみ。

珍しい料理らしく、気がつくと誰がが味見しながら。
塩や砂糖をパラパラ入れていたようです(笑)

そして。。もうひとつのメイン料理は子牛の丸焼き
カンボジアでは水牛なんですね~。
これも募金いただいた中からプレゼントさせてもらいました。感謝。
オリジナル表示

料理の完成を待ってか。。夕方からスコール。
急遽、パーティー会場を2階の男子たちの部屋に変更。
オリジナル表示

机もいすもありませんが、みんなで輪になってお料理を食べました☆
子どもたちの食べ方のすごさ!!
日ごろ、たくさんのものを食べられないということで、この日は思う存分に
食べてくれました。
100人分のカレーもあっというま。。(笑)
お客様用に確保しておいたものまで。。すっかりなくなっていました。

この場で。。コンサート開始。
オリジナル表示

みんな日本語がほぼ話せるので、知っている曲は一緒に歌ってくれました☆

ララバイの大合唱には。。またまた。。感動です。
音楽には。。国境も言葉も関係ないんですよね!!!

時間を惜しむように。。最後まで交流会。
カレー作りを手伝ってくれた少年は最後バグしながら
「日本にいるお母さんと呼んでいいですか」と涙を流してくれました。

両親がいなかったり、離れたりして暮らしている子どもたちにとって
こんな小さいことでも。。心に留めてくれているんだと思ったら
胸が熱くなりました。。

車に乗り込む私たちに感謝を込めてと。。
「上を向いて歩こう」

そして。。「ララバイ」の合唱で見送ってくれたのです。
オリジナル表示

カンボジアツアーについては、いろんな意見がまだまだあって。。
つまらないことを言う人もいるけれど。
やっぱり言った人じゃなきゃわからないこともあるし
応援してくれた人たちに精一杯。。報告しなくちゃと思っています。

これでボランティア編は終了。
読んでくださった皆さん。。本当に感謝。
そして。。応援をしてくれた皆さん。。カンボジアの子どもたちからの
感謝の思いを代わりに御礼を申し上げます。

まだまだ。。楽器は足りません。
これからの進む道も少しずつ見えてきました。
報告会も決まりました。

なんでも踏み出すことが大切って。。教えてもらいました。



さて最終日はアンコールワット遺跡群を訪れました。
悲しい歴史や文化もたくさん教えてもらいました。

つづく。


2010-09-04 01:13:55投稿者 : ぽこ
この記事のURL コメント(0) nice!

カンボジア2日目☆

オリジナル表示

二日目も抜けるような青空のカンボジアです。
雨期のはずなんですが。。そんな感じはしませんよね。


この日はハードな一日になりました。

朝から日本のNGO団体が運営する自立支援村、地雷障害者支援センター、HIV/エイズ家族自立村などの視察。

現地を訪ねて、村の家族から直接話を聞かせていただくという取材形式をとらせていただきました。

シェムリアップから車で1時間くらいの自立支援村。
地雷で負傷された皆さんは、ほとんどが内戦のとき、兵士だった方でした。
重労働は難しいですが、生活を自立させるための農業や仕事の訓練をうけられています。

初めてお会いする家族の皆さんに私たちのほうが緊張してしまいましたが、皆さんとても気さくでいい方でした。
ご家族の皆さんと子どもたちに文房具や紙風船などをプレゼント
オリジナル表示

途中、カンボジアの地雷除去活動家、アキ・ラーさんが作った地雷博物館を見学。
アキ・ラーさんは日本のメディアでも何回か取り上げられています。

オリジナル表示

この現実は、実はまだ近年だということを深く考えさせられた時間でした。


昼食後、地雷障害者支援センター、HIV/エイズ家族自立村を訪問。

オリジナル表示

村長さんは、兵士のときにエイズに感染、さらに地雷で右手、左足をなくしていました。
子どもたちや奥様も感染されているということです。
無邪気にはしゃぐ子どもたちの姿を見ると、本当に心が痛みます。

いつの時代も、権力闘争の犠牲になるのは、女性と子どもたち。
この世界から「戦争」の二字をなくさないと、悲劇は繰り返されるんだと深く思いました。

ボランティアで何かを贈ったり、支援をすることはある意味、物理的なもので簡単なのかもしれない。
(もちろん大切ですし、とてもご苦労されていると思ってます)

それより大切なのは、精神的なもの。
平和を愛する心や他人を傷つけない心。ある意味、哲学が必要なのではと思いました。
教育の大切さを改めて実感した一日です。

これは、カンボジアだけでなく、日本でも同じですよね。
物の豊かさだけでは比較できない。心の豊かさは勉強だけでは作れないもの。

ちょっと話はずれましたが。。
このあとは、子どもたちと一緒に。。支援センターへ。

途中ジャックフルーツを発見。
いまの季節、とても珍しいとのこと。。きっと私たちの訪問を待っててくれたんでしょうかね。
オリジナル表示

ジャックフルーツの栽培と鶏の飼育などで、生活を自立させていく。
この村長さんは、その先頭を行く、素晴らしいかたでした。

センターの屋根付き広場でライブ。
オリジナル表示

子どもも大人もみんな音楽が大好きです。
日本の歌もちゃんと「日本語」で歌ってくれました。
なんか、嬉しいですね。

音楽がつなぐ。。人間と人間の絆。
そこには。。言葉の違いも国の違いも。。関係ないんですもの。

はい!チーズ!
人懐っこい子どもたちは。。私たちと手をつないで車まで見送ってくれました。
オリジナル表示

スコールが暑さの代わりに。。さわやかな風と子どもたちの笑顔を運んでくれた一日でした。


つづく。。。

2010-08-29 23:58:58投稿者 : ぽこ
この記事のURL コメント(0) nice!

日本より涼しい?☆

オリジナル表示

季節的に。。カンボジアはいまは雨期。。

雨が毎日降り続いてもおかしくないらしいです。。

幸いなことに。。2日から5日まで。。降ったのはスコールのみ。
それも。。屋内でライブをしていたり、ホテルに着いてから!!

晴れ女、晴れ男。。大集合でありました☆

雲や空の青さは。。私たちの信州を思い出させるもので。。
とっても。。気持ちよいのです。

活動中は。。熱中症防止のため。常にお水を携帯しています。
一日。。1リットル以上を飲んでいましたね。

行っている最中は。。気温など気にしなかったのですが。
帰ってきて調べたら。。8月の平均は最低25度、最高32度とか。。

ねっ。。日本のほうが暑いでしょ?

帰ってきてみんなの質問「暑かったでしょ?」
でしたが。。なんのなんの。。名古屋のほうがすごく暑くて。。
一瞬にして夏バテしそうでしたからね!!

でも。。ポイントは湿度。。なんと70%以上らしいです。

気がつくと。。Tシャツはビショビショ。。これで納得でした。。(笑)

カラカラに乾いていても。。いったんスコールが来ると。
あっという間に。。あちこちに水溜りがたくさん。
そういえば。。現地の皆さんは。。傘を差すこともしないようです。。
オリジナル表示

幸いにも一度も傘を使うことなく帰国となりました。

空の美しさと言えば。。朝焼け。。
オリジナル表示オリジナル表示

これが朝五時(日本時間七時くらいね)
なんとも神秘的な。。異国を感じる瞬間でした。


ちなみに。。
先週くらいから。。シェムリアップ地方はずっと傘マーク。。
私たちはやっぱり。。晴れ軍団だったのかな??

いま。。横浜の学生さんたちが松本・名古屋などで集めたピアニカを持って渡航しています。
すべてが順調に。。幸せな日々を過ごせるよう。。日本から祈りつつ。。

つづく。。

2010-08-21 02:43:28投稿者 : ぽこ
この記事のURL コメント(0) nice!
241件中   21 - 25 件表示 ( 全 49ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...